2018年11月07日

「ここは、やはり、大津撤退の折の隆行殿を見習い、鋒

「ここは、やはり、大津撤退の折の隆行殿を見習い、鋒矢(ほうし)の陣で敵陣を切り裂き混乱させてはどうか。」このような調子で進む軍議が少し続くと、「総大将の意見もお聞かせ願いたい。」海外轉運と、矛先が隆行に向いてきた。隆行は、「ふむ。」と、一度座りなおして諸将を見ると、「此度の戦い、地形は山間の平野でおこなう。敵方、西園寺は、この土地に詳しい。」状況から説明し始めた。「それ故、それを逆手に取っては如何であろうか。」「逆手?」誰ともなく相槌が返ってくる。「うむ。まともにぶつかっても、勝算は十分あるが、出来る限り戦死者を出したくは無いからな。」その隆行の言葉に、諸将は困惑した表情を浮かべ始めると、「それは…、ここにいる皆も同じ想いですが…。」「具体的には、どのようにするおつもりでしょうか?」諸将は当然のように質問をした。。  


Posted by James Bond at 21:59Comments(0)Travel

2018年11月07日

この知らせに隆行は、(分かりやすいように歩

この知らせに隆行は、(分かりやすいように歩いて来て良かった。)内心、ほっとして、「敵の兵数は…?」と尋ねた。「およそ3000。敵方も兵力をかき集めたようです。歐洲集運(よし。ここまでは、思惑通り。)「分かった。ご苦労。引き続き、情報を探ってくれ。」「ははっ。」そう言って影が消えると、隆行は、軍議を開くために諸将を集めた。そして、諸将が陣幕に集まると、放っていた斥候が飛び込んでくる。「申し上げます!敵方、西園寺家が、三間の地に結集しております!その数、およそ1500!未だ数を増しております!!」斥候の報告は、侘茶屋の諜報部隊よりも少し精度の低い情報である。(重盛殿の手塩にかけた諜報部隊は本当に優秀だな…。)隆行は、そんな事を考えながら、「そうか。ご苦労。引き続き頼む。」と、言うと、軍議を開始させた。  


Posted by James Bond at 21:57Comments(0)Travel

2018年11月07日

入ってくる報告は軒並み敗戦の報告ばかりで、勝ち戦の

入ってくる報告は軒並み敗戦の報告ばかりで、勝ち戦の話は皆無であったのである。長宗我部方面の戦線は、連敗に次ぐ連敗で、兵の大半が死亡してしまい投降する兵もあとを絶たない。唯一、筆頭家老億嘉國際ある土居宗珊が、敗残兵をまとめあげて前線の城に篭(こも)り、長宗我部家の本隊を抑えてはいるが、既に、長宗我部の放った別働隊が苛烈な進撃で次々と一条家の城を落とし、この中村御所を攻撃中だったのである。攻めたはずが、痛烈なカウンターをもらった状態となり、攻めるどころか領土の防衛すらままならない状態で、主君一条兼定の生死すら不明な状況であった。また、西園寺家との戦線については、土居隆行率いる軍勢が、三間でおこなわれた初戦で西園寺家に惨敗を喫した上、逃げ延びられた者すらおらず、将と呼べる人物は皆戦死したという情報が入っていたのである。「この中村御所の防衛を任されていた守備兵も、もう殆ど生きておらぬらしい…。加久見左衛門様が城で戦っておるらしいが…いつまでもつものかのぅ…。」「じゃが、あの土居家に来た大友家のお姫様…。枝里姫様と言うたか?あのお方が戦える町民を率いて奮戦しておるというではないか。」「何を言う。所詮女子と寄せ集めの烏合の衆じゃ。しかも、その衆に正規のお侍さん方が助けられているようでは、一条もこれで終わりじゃ…。」この老人達の話どおり、現在、中村御所では、場外で迎え撃ち、惨敗した正規の守備兵達に替わり、隆行の妻である土居枝里が町民や女中を奮起させ、必死に城を守っている状態であったのである。この敗色濃厚な一条家の領民に、もはや希望を託せる所は、この枝里率いる一団しか無く、戦を知る退役軍人達にとっては勝機が全く見えない状態となっていた。  


Posted by James Bond at 21:45Comments(0)

2018年10月16日

「およそ50年程前の話です…。」と語り出し

「およそ50年程前の話です…。」と語り出したのは、若き日の又爺の武侠譚であった。その頃、この村は、その立地と造りから、倭寇の拠点の一つとなっていた。村へ掛かる税は、他の村と同じく、取く、取れる作物の半分を納めるという決して軽くは無い税であったが、早くから許兄弟が居座っており、その戦利品のおかげで、時々小さな喧嘩がありながらも、平和な日々を送っていた。それが、ある時。役人の配置替えがあり、この村に圧し掛かっていた税が一気に跳ね上がるという事があった。取れる作物の、9割を税として取られるという暴税で、村人達は、飢える事を避けるため、収穫量を偽ろうとした。すると、役人が村に現れ、収穫量の偽装を許す変わりに、賄賂を渡すよう要求してきたのである。その賄賂は、凄まじく高く、とても払えなかった村人達は、何とか許してもらえるよう、役人に御願いをした。すると、役人は、足りない分を村の若い女で許してやる、と、村の女性達を次々と自らの屋敷に連れて行ってしまった。その事で、結局は、大量の税と賄賂で村の作物は、ほとんどが持っていかれ、その上、女性達までが連れて行かれてしまった。困窮した村人達を助けるため、居座っていた倭寇の海賊達は、次々に悪名の高い役人達の屋敷を襲い、その戦利品を村に流した。  


Posted by James Bond at 21:33Comments(0)

2018年10月16日

「およそ50年程前の話です…。」と語り出し

「およそ50年程前の話です…。」と語り出したのは、若き日の又爺の武侠譚であった。その頃、この村は、その立地と造りから、倭寇の拠点の一つとなっていた。村へ掛かる税は、他の村と同adrian chengく、取れる作物の半分を納めるという決して軽くは無い税であったが、早くから許兄弟が居座っており、その戦利品のおかげで、時々小さな喧嘩がありながらも、平和な日々を送っていた。それが、ある時。役人の配置替えがあり、この村に圧し掛かっていた税が一気に跳ね上がるという事があった。取れる作物の、9割を税として取られるという暴税で、村人達は、飢える事を避けるため、収穫量を偽ろうとした。すると、役人が村に現れ、収穫量の偽装を許す変わりに、賄賂を渡すよう要求してきたのである。その賄賂は、凄まじく高く、とても払えなかった村人達は、何とか許してもらえるよう、役人に御願いをした。すると、役人は、足りない分を村の若い女で許してやる、と、村の女性達を次々と自らの屋敷に連れて行ってしまった。その事で、結局は、大量の税と賄賂で村の作物は、ほとんどが持っていかれ、その上、女性達までが連れて行かれてしまった。困窮した村人達を助けるため、居座っていた倭寇の海賊達は、次々に悪名の高い役人達の屋敷を襲い、その戦利品を村に流した。  


Posted by James Bond at 20:21Comments(0)

2018年08月13日

紹鴎は、多少頑なっている則正の緊張を解すように、ゆ

紹鴎は、多少頑なっている則正の緊張を解すように、ゆったりとした口調で言葉を繋ぐ。「ところで、則正はん。侘茶屋とは初めて伺う名ですが…。」「はい。実は、まだ創業期でして、暖簾分けされたばかりなかりなのです。」紹鴎は、その返事に納得のいくところがあったらしく、「成る程。そら聞いた事もないはずですわなぁ。」と、ころころと笑い、「では、何故、侘茶屋という名にされたのですか?」「主人の意向です。主人が茶の湯に興味があるとの事ですが、なにぶん暖簾分け前は、下総の片田舎でしたから、溜まりに溜まった茶の湯への欲心が名となって表れたのでしょう。」「ほっほっほ。おもしろそうなご主人ですなぁ。」再び、ころころと笑う紹鴎に向かい、「付き合わされるこちらは、たまったものではありません。」緊張のとれてきた則正が下を向いて頭を掻きながら、アドリブを効かした。その直後、一瞬、紹鴎からの殺気のような冷酷な視線を感じて則正は凍りついた。(ワシは、今、いらん事言うたか?!)背筋を汗が伝わる。気軽な発言を後悔しながら、則正が凍りついていると、「如何なされはりました?」と、再び柔らかな声が落ちてきた。  


Posted by James Bond at 13:13Comments(0)

2018年08月13日

(遂に一人になったか。)多少の寂しさを覚え

(遂に一人になったか。)多少の寂しさを覚えた隆行の右手側に城が見える。(ありゃ、桑名かな。仕事があると良いが。)隆行は、大きな館の周りにある小さな町に向かって歩を進めた。桑名桑名の城下町に入った隆行は、座(問屋)や商家、酒場などを覗いたが、その強面ゆえすべて門前払いされてしまった。気付けば既に夕方である。(参ったな。全額渡すなんて格好付けすぎたな。)既に、晩秋であり、夜の冷え込みが厳しくなる。しかし、宿に泊まる金も無い隆行は、2、3の民家の戸を叩いても、怖がって直ぐに閉められてしまった。隆行は、これまでもこの強面ゆえ、いろいろな場面で人から警戒されてきた。(まぁ、予想通りだけど、こりゃ、駄目だな。ここで小銭を作って行こうと思ったけど、ちょっと予定を変えるか。)隆行は、桑名の町を出て、山々の方へ足を向けた。既に周辺は闇である。幸い月が明るい。月光が照らしだす大地を隆行は一人黙々と歩いていた。途中、休憩を入れ、長島で用意してきた握り飯を腹に放り込むと、いくらか元気が沸いてきた。(下手に夜盗と間違われても厄介だ。)隆行は、村落を避けるように、夜中歩き続けると、朝になった頃、林に入って木の上で寝た。  


Posted by James Bond at 13:12Comments(0)

2018年08月01日

「脈なんか、見てただけの俺にはわかんねーよ!!」

「脈なんか、見てただけの俺にはわかんねーよ!!」「あぁ!!んだコラ!!!ワーワー喚いて、女みてえに騒いでんじゃねーよ!!」「誰が女だこの野郎!!」まさしく売り言葉に買い言葉。隼人隼人が隆行に掴みかかった。「やめろ。」すかさずGが二人の間に割って入る。「さっきの奴らにムカついとるのは全員一緒だ。」Gのその言葉に隼人は手を引っ込めると、隼人と隆行はバツの悪そうな顔をして俯いた。落ち着いた二人を見てGが言葉を続ける。「…それよりココは早く離れるべきだろう。」(…たしかに…)隼人も隆行も、冷静さを失っていたが、たしかにGの言うとおりである。先程の騎馬武者が人数を引き連れ戻って来る確率が非常に高い。三人の今までの経験が物語っていた。「そうだな。悪かった。隆行。」「いや、俺も悪かった。たっつんは俺が背負って行こう。隼人、手を貸してくれ。」隆行が、たっつんの足元に移動し、屈んだ。その時、Gが手を翳しながら「待て!」二人の動きを制止させ、耳を済ますと「…もう遅い」再び馬蹄の音が聞こえてきた。  


Posted by James Bond at 23:08Comments(0)

2018年08月01日

  閑散としたギルドの受付、静まり

  閑散としたギルドの受付、静まり返った訓練場。元マスターが十年ほどの記憶を失ってしまった、世界最大ギルド“月の光”は、これまで見たことがないほど静寂に包まれていた。ほど静寂×××××××××××××「………………」 戦争を四日後に控えたサキカは、自室のベッドに横になって、身を休めていた。 学園襲撃事件から、十数時間が経過している。体力も魔力も消耗しきったサキカは、同じ帝である光帝に支えられ、ギルド"月の光"へと戻った。すぐに彼女の手によって自室まで連れていかれ、最後の気力を振り絞って自力で着替えベッドに倒れこみ、──そして今に至る。 ベッドに倒れこんだ途端、サキカは意識をうしなったのだろう。あれから長い時間が経過してことには、カーテンの隙間から覗く燦々と地を照らす太陽の姿を見て気が付いた。 本来ならば、寝ている場合ではないはずだ。しかし、起き上がろうとしたサキカを襲ったのは、強烈な眩暈。増血剤を飲んで渋々横になったが、原因は魔力の使い過ぎであろうか。 とはいえ、今のサキカは魔力を封印していない。……そう、全く。 魔力を消耗しているとはいえ、そろそろ封印するか結界を張るかしなければ、ギルド内だけではなくギルドの外にいる者にまで悪影響を及ぼしてしまうであろう。しかしながら、今魔力を十分の一にする封印を施しても、今の魔力量の十分の一になるだけである。それでも施さないわけにはいかないが。「××××××××××……」 自分で発音しながらも聞き取れないその音は、古代語。長い詠唱を唱え、魔力を十分の一にまで封印すると、サキカはゆっくりと立ち上がった。.  


Posted by James Bond at 02:16Comments(0)

2018年07月14日

  閑散としたギルドの受付、静まり

  閑散としたギルドの受付、静まり返った訓練場。元マスターが十年ほどの記憶を失ってしまった、世界最大ギルド“月の光”は、これまで見たことがないほど静寂に包まれていた。×××× ×××××××××××××「………………」 戦争を四日後に控えたサキカは、自室のベッドに横になって、身を休めていた。 学園襲撃事件から、十数時間が経過している。体力も魔力も消耗しきったサキカは、同じ帝である光帝に支えられ、ギルド"月の光"へと戻った。すぐに彼女の手によって自室まで連れていかれ、最後の気力を振り絞って自力で着替えベッドに倒れこみ、──そして今に至る。 ベッドに倒れこんだ途端、サキカは意識をうしなったのだろう。あれから長い時間が経過してことには、カーテンの隙間から覗く燦々と地を照らす太陽の姿を見て気が付いた。 本来ならば、寝ている場合ではないはずだ。しかし、起き上がろうとしたサキカを襲ったのは、強烈な眩暈。増血剤を飲んで渋々横になったが、原因は魔力の使い過ぎであろうか。 とはいえ、今のサキカは魔力を封印していない。……そう、全く。 魔力を消耗しているとはいえ、そろそろ封印するか結界を張るかしなければ、ギルド内だけではなくギルドの外にいる者にまで悪影響を及ぼしてしまうであろう。しかしながら、今魔力を十分の一にする封印を施しても、今の魔力量の十分の一になるだけである。それでも施さないわけにはいかないが。「××××××××××……」 自分で発音しながらも聞き取れないその音は、古代語。長い詠唱を唱え、魔力を十分の一にまで封印すると、サキカはゆっくりと立ち上がった。.  


Posted by James Bond at 19:08Comments(0)