2018年08月13日

紹鴎は、多少頑なっている則正の緊張を解すように、ゆ

紹鴎は、多少頑なっている則正の緊張を解すように、ゆったりとした口調で言葉を繋ぐ。「ところで、則正はん。侘茶屋とは初めて伺う名ですが…。」「はい。実は、まだ創業期でして、暖簾分けされたばかりなかりなのです。」紹鴎は、その返事に納得のいくところがあったらしく、「成る程。そら聞いた事もないはずですわなぁ。」と、ころころと笑い、「では、何故、侘茶屋という名にされたのですか?」「主人の意向です。主人が茶の湯に興味があるとの事ですが、なにぶん暖簾分け前は、下総の片田舎でしたから、溜まりに溜まった茶の湯への欲心が名となって表れたのでしょう。」「ほっほっほ。おもしろそうなご主人ですなぁ。」再び、ころころと笑う紹鴎に向かい、「付き合わされるこちらは、たまったものではありません。」緊張のとれてきた則正が下を向いて頭を掻きながら、アドリブを効かした。その直後、一瞬、紹鴎からの殺気のような冷酷な視線を感じて則正は凍りついた。(ワシは、今、いらん事言うたか?!)背筋を汗が伝わる。気軽な発言を後悔しながら、則正が凍りついていると、「如何なされはりました?」と、再び柔らかな声が落ちてきた。  


Posted by James Bond at 13:13Comments(0)

2018年08月13日

(遂に一人になったか。)多少の寂しさを覚え

(遂に一人になったか。)多少の寂しさを覚えた隆行の右手側に城が見える。(ありゃ、桑名かな。仕事があると良いが。)隆行は、大きな館の周りにある小さな町に向かって歩を進めた。桑名桑名の城下町に入った隆行は、座(問屋)や商家、酒場などを覗いたが、その強面ゆえすべて門前払いされてしまった。気付けば既に夕方である。(参ったな。全額渡すなんて格好付けすぎたな。)既に、晩秋であり、夜の冷え込みが厳しくなる。しかし、宿に泊まる金も無い隆行は、2、3の民家の戸を叩いても、怖がって直ぐに閉められてしまった。隆行は、これまでもこの強面ゆえ、いろいろな場面で人から警戒されてきた。(まぁ、予想通りだけど、こりゃ、駄目だな。ここで小銭を作って行こうと思ったけど、ちょっと予定を変えるか。)隆行は、桑名の町を出て、山々の方へ足を向けた。既に周辺は闇である。幸い月が明るい。月光が照らしだす大地を隆行は一人黙々と歩いていた。途中、休憩を入れ、長島で用意してきた握り飯を腹に放り込むと、いくらか元気が沸いてきた。(下手に夜盗と間違われても厄介だ。)隆行は、村落を避けるように、夜中歩き続けると、朝になった頃、林に入って木の上で寝た。  


Posted by James Bond at 13:12Comments(0)

2018年08月01日

「脈なんか、見てただけの俺にはわかんねーよ!!」

「脈なんか、見てただけの俺にはわかんねーよ!!」「あぁ!!んだコラ!!!ワーワー喚いて、女みてえに騒いでんじゃねーよ!!」「誰が女だこの野郎!!」まさしく売り言葉に買い言葉。隼人隼人が隆行に掴みかかった。「やめろ。」すかさずGが二人の間に割って入る。「さっきの奴らにムカついとるのは全員一緒だ。」Gのその言葉に隼人は手を引っ込めると、隼人と隆行はバツの悪そうな顔をして俯いた。落ち着いた二人を見てGが言葉を続ける。「…それよりココは早く離れるべきだろう。」(…たしかに…)隼人も隆行も、冷静さを失っていたが、たしかにGの言うとおりである。先程の騎馬武者が人数を引き連れ戻って来る確率が非常に高い。三人の今までの経験が物語っていた。「そうだな。悪かった。隆行。」「いや、俺も悪かった。たっつんは俺が背負って行こう。隼人、手を貸してくれ。」隆行が、たっつんの足元に移動し、屈んだ。その時、Gが手を翳しながら「待て!」二人の動きを制止させ、耳を済ますと「…もう遅い」再び馬蹄の音が聞こえてきた。  


Posted by James Bond at 23:08Comments(0)

2018年08月01日

  閑散としたギルドの受付、静まり

  閑散としたギルドの受付、静まり返った訓練場。元マスターが十年ほどの記憶を失ってしまった、世界最大ギルド“月の光”は、これまで見たことがないほど静寂に包まれていた。ほど静寂×××××××××××××「………………」 戦争を四日後に控えたサキカは、自室のベッドに横になって、身を休めていた。 学園襲撃事件から、十数時間が経過している。体力も魔力も消耗しきったサキカは、同じ帝である光帝に支えられ、ギルド"月の光"へと戻った。すぐに彼女の手によって自室まで連れていかれ、最後の気力を振り絞って自力で着替えベッドに倒れこみ、──そして今に至る。 ベッドに倒れこんだ途端、サキカは意識をうしなったのだろう。あれから長い時間が経過してことには、カーテンの隙間から覗く燦々と地を照らす太陽の姿を見て気が付いた。 本来ならば、寝ている場合ではないはずだ。しかし、起き上がろうとしたサキカを襲ったのは、強烈な眩暈。増血剤を飲んで渋々横になったが、原因は魔力の使い過ぎであろうか。 とはいえ、今のサキカは魔力を封印していない。……そう、全く。 魔力を消耗しているとはいえ、そろそろ封印するか結界を張るかしなければ、ギルド内だけではなくギルドの外にいる者にまで悪影響を及ぼしてしまうであろう。しかしながら、今魔力を十分の一にする封印を施しても、今の魔力量の十分の一になるだけである。それでも施さないわけにはいかないが。「××××××××××……」 自分で発音しながらも聞き取れないその音は、古代語。長い詠唱を唱え、魔力を十分の一にまで封印すると、サキカはゆっくりと立ち上がった。.  


Posted by James Bond at 02:16Comments(0)

2018年07月14日

  閑散としたギルドの受付、静まり

  閑散としたギルドの受付、静まり返った訓練場。元マスターが十年ほどの記憶を失ってしまった、世界最大ギルド“月の光”は、これまで見たことがないほど静寂に包まれていた。×××× ×××××××××××××「………………」 戦争を四日後に控えたサキカは、自室のベッドに横になって、身を休めていた。 学園襲撃事件から、十数時間が経過している。体力も魔力も消耗しきったサキカは、同じ帝である光帝に支えられ、ギルド"月の光"へと戻った。すぐに彼女の手によって自室まで連れていかれ、最後の気力を振り絞って自力で着替えベッドに倒れこみ、──そして今に至る。 ベッドに倒れこんだ途端、サキカは意識をうしなったのだろう。あれから長い時間が経過してことには、カーテンの隙間から覗く燦々と地を照らす太陽の姿を見て気が付いた。 本来ならば、寝ている場合ではないはずだ。しかし、起き上がろうとしたサキカを襲ったのは、強烈な眩暈。増血剤を飲んで渋々横になったが、原因は魔力の使い過ぎであろうか。 とはいえ、今のサキカは魔力を封印していない。……そう、全く。 魔力を消耗しているとはいえ、そろそろ封印するか結界を張るかしなければ、ギルド内だけではなくギルドの外にいる者にまで悪影響を及ぼしてしまうであろう。しかしながら、今魔力を十分の一にする封印を施しても、今の魔力量の十分の一になるだけである。それでも施さないわけにはいかないが。「××××××××××……」 自分で発音しながらも聞き取れないその音は、古代語。長い詠唱を唱え、魔力を十分の一にまで封印すると、サキカはゆっくりと立ち上がった。.  


Posted by James Bond at 19:08Comments(0)

2018年03月28日

"「なんて言えばいいの?」 巧はサキカに問いた"

"「なんて言えばいいの?」

巧はサキカに問いた。

「『僕は雨宮 巧です』……って言える?」

サキカはオルス語……中央の国の言葉を教える。

「ぼ、僕ハ雨宮 巧でス……?」
買日本樓風險 言のオルス語だったが、これなら聞き取れるだろう。

サキカは深く頷くと立ち上がった。

そして巧と共にレイト達のもとへと歩み寄る。

「ほら、言って?」

「……僕ハ、雨宮 巧デス」

もごもごと小さな声で言った巧だったが、レイト達にはしっかりと聞き取れたようだ。

「あぁ、宜しくな」

「宜しく、巧」

「…………宜しく」

「宜しくお願いしますっ、巧君!」

「おぅっ!!」

アーク、有舞、リリス、ユリアス、レイトが返事をする。

しかし、ここでまた驚くべき事実がわかった。

「……宜しくお願いします」

ガイアがジパング語を話したのだ。

このことを知っていたサキカ以外の皆は、目を丸くしてガイアを見る。

「お前も話せるのかよっ!」

アークが半分ツッコミのような問いをした。

「ああ……まあな」

ガイアがジパング語を話せるのには勿論理由があるのだが、それはまた後ほど語ることにしよう。

「ってか、サキカってもしかして東の国の人?凄い流暢なんだけど……」

レイトがサキカに問う。

サキカは首を振った。

「違うよ。昔、住んでいたことがあるだけ……」

サキカの困ったような笑いに、レイトはそれ以上追求するのを諦めた。

「さあ、帰るわよ!」

有舞の一声で来た道を歩きはじめる。
















巧は一度だけ、自分が二日間過ごした木の影を振り返った。

親には捨てられてしまった。

だが、優しい笑顔のお兄ちゃんに拾ってもらった。

(……嬉しい)

巧は仄かに笑みを浮かべ、数日間身を隠していた場所にありがとうと告げて、その場を後にした。


."
  


Posted by James Bond at 14:03Comments(0)

2018年03月13日

××××××××××× 帰ってきた有舞

帰ってきた有舞 cosderma 入れ違いでリリスが教室をでる。

「……」

リリスは大きく息を吸い、吐き出した。

そして闘技室のドアを叩く。

コンコンコン

「入ってくれ」

ロードの低い声が帰ってくる。

リリスはドアを開け、闘技室に足を踏み入れた。

正面に仁王立ちしたロードが目に入る。

リリスは振り返ってドアを閉めるといつも被っているフードを外し、頭を垂れた。


「――宜しくお願いします」


フードを外したのは、ロードに対する敬意を示すため――

そう、リリスが獣人と知っていながらも公平に扱ってくれたロードに……。


先生でも差別をせずに獣人を公平に扱ってくれるという者は少ない。

だからこそ少しでも敬意を示したかったのだ。

ロードがそれに気が付いたのかは定かでは無いが、ほんの少しだけ笑んだように見えた。

「さて、テストを始める。魔武器を召喚して構えろ」

リリスは軽く頷く。

「【ローズ】」

左腕に魔導書【ローズ】を喚び出した。

リリスはこの魔導書をサキカから貰って以来、毎日毎日特訓をしてきた。

先生に頼み闘技室を練習のために開けてもらい、【ローズ】の守護精霊であるロゼリーヌに指導をしてもらった。



……小さい頃から弱い自分が嫌だった。

魔力が少ない自分が恨めしかった。

捨て子である自分がクローネ家に拾われたのはもう十年以上昔のこと。

実の親を知らぬリリスはクローネ家でたっぷりと愛情を受けて育った。

愛情をくれた育ての親の二人に恩返しをしたいと思うのは当然のことであった。

しかし力も無ければ頭も良くない自分に何が出来るのか。

……結局、未だに二人に何も返せれていない。

だが、リリスにチャンスが訪れたのだ。強くなるチャンスが。

――ガイアがリリスの封印を解いてくれた。

サキカが魔導書をくれた。

二人が……強くなるチャンスをくれた。

だから、特訓を始めたのだ。


強くなれるなら、

強くなってギルドで働いて、

親孝行をしたい――



その一心で……



."
  


Posted by James Bond at 01:55Comments(0)Travel

2018年02月16日

「ざぎが~」  声をか



「ざぎが~」


 声をかけただけというのに、レイトは泣き出した。無意識に彼を泣かせてしまったらしい。

 どうすればよいのかわからず、困り果ててガイアに視線を向けようと 日本樓 按揭 ると、レイトが飛び付いてきた。

 思わず反射的に避けてしまう。鈍い音がして、レイトが床に飛び込んだ。

 レイトは打ったのか鼻に手を当ててうずくまる。痛そうだ。幸い血は出ていないようで、サキカは安堵した。


「ご、ごめんね。大丈夫……?」


 しかし、よくあることなのか、無情にもガイアたちは彼に構うことなく歩みを進める。


「サキカ、行くぞ」


 ガイアがサキカの肩に手を回してきた。


「れ、レイトは?」

「ほっとけ」


 彼らの距離感は、まだつかめない。しかし、ガイアがそういうなら、放っておいても大丈夫なのだろう。

 躊躇しつつもガイアの力に逆らわず、サキカは有舞たちと共に廊下を進んだ。


 情けない声が、後ろから追ってくる。派手な足音と共に、魔力と気配が近づいてきた。

 ちらりと後ろを見れば、レイトが駆けてくる姿が見える。サキカは小さく苦笑を漏らした。


 ──サキカたちがたどりついたのは、一つの魔方陣だった。ロビーの隅にある階段の隣の床に大きく描かれていた。


「転移魔方陣……?」


 見慣れたそれに、サキカは小さく呟いた。

  


Posted by James Bond at 13:08Comments(0)Travel

2018年02月06日

 サキカは首を傾げた。彼が心配す

サキカは首を傾げた。彼が心配するようなことは何もなかったはずである。

 暫しの間思考を巡らせ、あることを思い出した。


「……中級魔人にあったね、そういえば」

日本不動產
 サキカにとっては脅威でも何でもない存在であるが、中級魔人は本来ならば恐れられる存在である。この国でも千五百人しかいないというギルドランク──全ギルド共通のランク付けであり、一番下はFランク、そこからE、D……となっていき、Aランクの次は、AA、AAA、次にS、SS、SSS、そして一番上がXランク──Aの者が一対一で戦ってなんとか勝利するくらいの強さの魔人だ。

 しかしながら、世界最強と呼ばれている総帝──サキカにとっては、弱い相手である。サキカのランクはX。世界で一人しか持つ者がいない、最上位ランクの持ち主なのだから。


「中級魔人!? ……魔人が何故いたんだ」

「五人もいたから……、何か仕掛けようとしていたのかもしれない。調べておくよ」


 魔人は本来、魔界と呼ばれるこの人間界からほんの少しずれた世界で生きている。下級から順に中級、上級、最上級とランク付けがされている。

 魔界には人間界に蔓延る魔物よりも狂暴な魔物が住んでいるらしい。

 魔物も元は魔界に住んでいたと言われているが、本当のところは神のみぞ知ることだろう。聖獣界と呼ばれる、聖獣や使い魔たちが生活している世界にも、魔物はいるらしい。


."
  


Posted by James Bond at 15:08Comments(0)Travel

2018年01月31日

Testing content 8

Testing content 8 testing  


Posted by James Bond at 20:02Comments(0)