スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2018年03月28日

"「なんて言えばいいの?」 巧はサキカに問いた"

"「なんて言えばいいの?」

巧はサキカに問いた。

「『僕は雨宮 巧です』……って言える?」

サキカはオルス語……中央の国の言葉を教える。

「ぼ、僕ハ雨宮 巧でス……?」
買日本樓風險 言のオルス語だったが、これなら聞き取れるだろう。

サキカは深く頷くと立ち上がった。

そして巧と共にレイト達のもとへと歩み寄る。

「ほら、言って?」

「……僕ハ、雨宮 巧デス」

もごもごと小さな声で言った巧だったが、レイト達にはしっかりと聞き取れたようだ。

「あぁ、宜しくな」

「宜しく、巧」

「…………宜しく」

「宜しくお願いしますっ、巧君!」

「おぅっ!!」

アーク、有舞、リリス、ユリアス、レイトが返事をする。

しかし、ここでまた驚くべき事実がわかった。

「……宜しくお願いします」

ガイアがジパング語を話したのだ。

このことを知っていたサキカ以外の皆は、目を丸くしてガイアを見る。

「お前も話せるのかよっ!」

アークが半分ツッコミのような問いをした。

「ああ……まあな」

ガイアがジパング語を話せるのには勿論理由があるのだが、それはまた後ほど語ることにしよう。

「ってか、サキカってもしかして東の国の人?凄い流暢なんだけど……」

レイトがサキカに問う。

サキカは首を振った。

「違うよ。昔、住んでいたことがあるだけ……」

サキカの困ったような笑いに、レイトはそれ以上追求するのを諦めた。

「さあ、帰るわよ!」

有舞の一声で来た道を歩きはじめる。
















巧は一度だけ、自分が二日間過ごした木の影を振り返った。

親には捨てられてしまった。

だが、優しい笑顔のお兄ちゃんに拾ってもらった。

(……嬉しい)

巧は仄かに笑みを浮かべ、数日間身を隠していた場所にありがとうと告げて、その場を後にした。


."
  


Posted by James Bond at 14:03Comments(0)

2018年03月13日

××××××××××× 帰ってきた有舞

帰ってきた有舞 cosderma 入れ違いでリリスが教室をでる。

「……」

リリスは大きく息を吸い、吐き出した。

そして闘技室のドアを叩く。

コンコンコン

「入ってくれ」

ロードの低い声が帰ってくる。

リリスはドアを開け、闘技室に足を踏み入れた。

正面に仁王立ちしたロードが目に入る。

リリスは振り返ってドアを閉めるといつも被っているフードを外し、頭を垂れた。


「――宜しくお願いします」


フードを外したのは、ロードに対する敬意を示すため――

そう、リリスが獣人と知っていながらも公平に扱ってくれたロードに……。


先生でも差別をせずに獣人を公平に扱ってくれるという者は少ない。

だからこそ少しでも敬意を示したかったのだ。

ロードがそれに気が付いたのかは定かでは無いが、ほんの少しだけ笑んだように見えた。

「さて、テストを始める。魔武器を召喚して構えろ」

リリスは軽く頷く。

「【ローズ】」

左腕に魔導書【ローズ】を喚び出した。

リリスはこの魔導書をサキカから貰って以来、毎日毎日特訓をしてきた。

先生に頼み闘技室を練習のために開けてもらい、【ローズ】の守護精霊であるロゼリーヌに指導をしてもらった。



……小さい頃から弱い自分が嫌だった。

魔力が少ない自分が恨めしかった。

捨て子である自分がクローネ家に拾われたのはもう十年以上昔のこと。

実の親を知らぬリリスはクローネ家でたっぷりと愛情を受けて育った。

愛情をくれた育ての親の二人に恩返しをしたいと思うのは当然のことであった。

しかし力も無ければ頭も良くない自分に何が出来るのか。

……結局、未だに二人に何も返せれていない。

だが、リリスにチャンスが訪れたのだ。強くなるチャンスが。

――ガイアがリリスの封印を解いてくれた。

サキカが魔導書をくれた。

二人が……強くなるチャンスをくれた。

だから、特訓を始めたのだ。


強くなれるなら、

強くなってギルドで働いて、

親孝行をしたい――



その一心で……



."
  


Posted by James Bond at 01:55Comments(0)Travel

2018年02月16日

「ざぎが~」  声をか



「ざぎが~」


 声をかけただけというのに、レイトは泣き出した。無意識に彼を泣かせてしまったらしい。

 どうすればよいのかわからず、困り果ててガイアに視線を向けようと 日本樓 按揭 ると、レイトが飛び付いてきた。

 思わず反射的に避けてしまう。鈍い音がして、レイトが床に飛び込んだ。

 レイトは打ったのか鼻に手を当ててうずくまる。痛そうだ。幸い血は出ていないようで、サキカは安堵した。


「ご、ごめんね。大丈夫……?」


 しかし、よくあることなのか、無情にもガイアたちは彼に構うことなく歩みを進める。


「サキカ、行くぞ」


 ガイアがサキカの肩に手を回してきた。


「れ、レイトは?」

「ほっとけ」


 彼らの距離感は、まだつかめない。しかし、ガイアがそういうなら、放っておいても大丈夫なのだろう。

 躊躇しつつもガイアの力に逆らわず、サキカは有舞たちと共に廊下を進んだ。


 情けない声が、後ろから追ってくる。派手な足音と共に、魔力と気配が近づいてきた。

 ちらりと後ろを見れば、レイトが駆けてくる姿が見える。サキカは小さく苦笑を漏らした。


 ──サキカたちがたどりついたのは、一つの魔方陣だった。ロビーの隅にある階段の隣の床に大きく描かれていた。


「転移魔方陣……?」


 見慣れたそれに、サキカは小さく呟いた。

  


Posted by James Bond at 13:08Comments(0)Travel

2018年02月06日

 サキカは首を傾げた。彼が心配す

サキカは首を傾げた。彼が心配するようなことは何もなかったはずである。

 暫しの間思考を巡らせ、あることを思い出した。


「……中級魔人にあったね、そういえば」

日本不動產
 サキカにとっては脅威でも何でもない存在であるが、中級魔人は本来ならば恐れられる存在である。この国でも千五百人しかいないというギルドランク──全ギルド共通のランク付けであり、一番下はFランク、そこからE、D……となっていき、Aランクの次は、AA、AAA、次にS、SS、SSS、そして一番上がXランク──Aの者が一対一で戦ってなんとか勝利するくらいの強さの魔人だ。

 しかしながら、世界最強と呼ばれている総帝──サキカにとっては、弱い相手である。サキカのランクはX。世界で一人しか持つ者がいない、最上位ランクの持ち主なのだから。


「中級魔人!? ……魔人が何故いたんだ」

「五人もいたから……、何か仕掛けようとしていたのかもしれない。調べておくよ」


 魔人は本来、魔界と呼ばれるこの人間界からほんの少しずれた世界で生きている。下級から順に中級、上級、最上級とランク付けがされている。

 魔界には人間界に蔓延る魔物よりも狂暴な魔物が住んでいるらしい。

 魔物も元は魔界に住んでいたと言われているが、本当のところは神のみぞ知ることだろう。聖獣界と呼ばれる、聖獣や使い魔たちが生活している世界にも、魔物はいるらしい。


."
  


Posted by James Bond at 15:08Comments(0)Travel

2018年01月31日

Testing content 8

Testing content 8 testing  


Posted by James Bond at 20:02Comments(0)

2018年01月25日

「違う違う…ママとかお客さんの真似して言ってんの…

"「違う違う…ママとかお客さんの真似して言ってんの……ごちそうさんって」

合点がいったママ、成る程と頭を縦に振った
まだ美沙子は笑いながら、ママと遥香の食器を片付ける

「じゃ…あたし、行 "" 大阪樓價わ……明日は、あたしんちの店お休みだから…日曜だから、ぐうたら寝でもしてるし」

「そうか……明日は日曜か……じゃ…私も、明日は遥香を連れて、公園でも行くわ」

ママは笑って、店を出た









遥香の待機児童が終了したのは、3才の頃

「やだぁ!…一緒に帰るぅ!…お母ちゃんと一緒に帰るぅ!」

泣いて、美沙子の右足にしがみついて、離さない
『毎朝の恒例』になってしまった

「ち…ちょっと…遥香!……そんなにしがみついたら、お母さん歩けないでしょ!?……いったい毎朝毎朝、なんなの?」

左足を踏ん張り右足を引き摺ると、遥香の泣き声が止んだ

「…お母ちゃん……これ…面白い!……もっとやって!」

「………冗談じゃないわよ!…降りて!……お母さん、お仕事しなきゃならないんだから!」

「うん…わかった…お仕事、頑張ってね」

先程の涙はなんなのか
ケロリとした顔で、母親の足から降りて手を振った
呆気に取られる美沙子"
  


Posted by James Bond at 20:12Comments(0)

2018年01月22日

Testing content 5

Testing content 5testing  


Posted by James Bond at 23:25Comments(0)

2018年01月22日

Testing content 5

Testing content 5testing  


Posted by James Bond at 22:03Comments(0)

2018年01月21日

jjhf

gjhfgjh  


Posted by James Bond at 16:49Comments(0)

2018年01月21日

jjhf

gjhfgjh  


Posted by James Bond at 16:47Comments(0)